主張

海の日 本来の「守る」意識高めよ

産経ニュース

由来は146年前にさかのぼる。

明治9(1876)年の夏、明治天皇は東北・北海道へ巡幸し、帰京に際し灯台巡視船「明治丸」に乗船した。

当時の灯台は有人で、人里離れた断崖などにある。買い物もままならない灯台守に日用品を届けたのが灯台巡視船だった。明治天皇が乗船したのは、1日も欠かさず海の安全を守る灯台守の、任務の重要性を思ってのことだろう。

同年7月20日、お召艦の栄に浴した明治丸は横浜港に無事帰着し、この日の意義が語り継がれた。昭和16年に「海の記念日」と定められ、平成8年から国民の祝日となった。

それが「海の日」だ。海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を願う日である。

しかし、3連休を増やすハッピーマンデー制度により、15年から7月の第3月曜日が海の日となった。同時に本来の、豊かな海を「守る」という意義が薄れたような気がしてならない。

わが国が有する領海と排他的経済水域(EEZ)は計約447万平方キロメートルに及ぶ。世界第6位だ。広大な海域の安全を確保し、持続可能な形で活用する責務のあることを、改めて胸に刻みたい。

警戒すべきは、中国の動きである。しばしば調査船がわが海域に出没し、今年6月にも沖縄・石垣島北方の海底を試掘した疑いのあることが分かった。

現場周辺は日本のEEZ内で、日本側の調査により豊富な海底資源の可能性が指摘されていた。それを中国が奪おうとしているのは明らかだろう。政府は断固抗議するとともに、再発防止へ万全の策をとるべきだ。

ほかにも日本のEEZ内には有望な海底資源が複数確認されている。小笠原諸島の南鳥島南方にはコバルトリッチクラストと呼ばれる鉱物が分布しており、令和2年7月に日本が世界で初めて試掘に成功した。

豊富な海底資源は、日本を資源大国へ導くに違いない。国を挙げて保全と開発に取り組むべきだ。その機運を高めるために海の日がある。ハッピーマンデーなどと浮かれている場合だろうか。

海国に生きる民としての意識を高めよう。その一歩として、海の日を本来の7月20日に固定化することを検討してはどうか。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」