藤井棋聖に敗れた永瀬王座「もう少し勝機の残る形に…」 再チャレンジを宣言/将棋

サンスポ
【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】 対局に勝った藤井聡太棋聖(右)。左は永瀬拓矢王座=17日午後6時30分、名古屋市中区の万松寺(沢野貴信撮影)
【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】 対局に勝った藤井聡太棋聖(右)。左は永瀬拓矢王座=17日午後6時30分、名古屋市中区の万松寺(沢野貴信撮影)

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王など5冠=は17日、名古屋市で指された第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局で永瀬拓矢王座(29)を下し、対戦成績3勝1敗でタイトルを防衛、3連覇を果たした。敗れた永瀬王座は終局後のインタビューで、「早い段階でかなり厳しくなってしまったかもしれない」と淡々と対局を振り返った。

順調に進んでいたようにも見えた午前中だったが、「形勢がいいかどうかわからなかった」。そして昼食休憩前後が局面の転換点と分析した。39手目に▲9七桂と指すと、藤井棋聖は昼食休憩をはさんで52分考え、△4五銀と応じた。

「押さえ込みにこられたとき、こちらがどのくらい駒をぶつけていけるかと思ったが、それが少し難しかったので9七桂は無理だったかもしれない」

【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】大盤解説会場で対局を振り返る敗れた永瀬拓矢王座=17日午後6時42分、名古屋市中区の万松寺(恵守乾撮影)
【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】大盤解説会場で対局を振り返る敗れた永瀬拓矢王座=17日午後6時42分、名古屋市中区の万松寺(恵守乾撮影)

その後は藤井棋聖に押される展開が続き、「もう少し勝機の残る形にしなければいけなかった」と反省の弁。さらにシリーズ全体でも、「先手番で1勝もすることできなかった。それが課題と思った」と冷静な中にも悔しさをにじませた。

終局後、藤井棋聖とともに大盤解説会場に姿をみせ、集まったファンらに「また藤井さんとタイトル戦ができるように頑張りたい」と再チャレンジを誓った。



  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図