藤井聡太棋聖が3連覇! 10代ラスト、地元愛知で防衛果たす 19日でハタチに/将棋

サンスポ
藤井聡太五冠
藤井聡太五冠

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王など5冠=に永瀬拓矢王座(29)が挑戦した第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局が17日、名古屋市で指され、104手で後手の藤井棋聖が勝ち、対戦成績3勝1敗でタイトルを防衛、3連覇を果たした。

〝無敵の10代〟がラストを飾った。藤井棋聖にとって、初めて獲得したタイトルとして思い入れの深い棋聖戦。10代最後の公式戦、しかも地元愛知決戦を制して3連覇を果たした。

「区切りとは思っていない。実力を高めていくために今後の数年は大事な時期になってくる。そういう意識を常に持って取り組んでいきたい」

この防衛でタイトル獲得数は通算9期となり、歴代単独9位に浮上した。10代でのタイトル数としては〝独走〟状態で自らの記録を更新。しばらくは破られそうにないが、さまざまな記録も通過点に過ぎない。

織田信長ゆかりの万松寺での第4局。永瀬王座の先手で、飛車先の歩を進める相掛かりで進行した。序盤、藤井棋聖は歩を相手にただで取らせる22手目△2三歩で意表を突く。控室の関係者から「前例がない」と驚きの声が上がった。序盤から自身のペースに持ち込み、着実にリードを拡大。午後6時30分、永瀬王座が投了した。研究仲間同士のタイトル戦初対決を制した19歳は、「ありがとうございました」と頭を下げた。

【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】 対局に勝った藤井聡太棋聖(右)。左は永瀬拓矢王座=17日午後6時30分、名古屋市中区の万松寺(沢野貴信撮影)

19日で二十歳になる。師匠の杉本昌隆八段(53)は、誕生日のプレゼントを持って対局場を訪れていた。本紙に「足などの疲れを取る健康器具」だと明かし、「家族も一緒に使えるものにしました」。当初はお酒を贈ろうとしたが、まな弟子が飲酒するイメージがわかなかったという。「いつの日か一緒に飲みたいですね」と目を細めた。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図