3連覇の藤井棋聖に師匠・杉本八段「もがき苦しんで、成長した」 19日で二十歳のまな弟子に「既に一流」/将棋

サンスポ
杉本昌隆八段
杉本昌隆八段

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王など五冠=が17日、名古屋市で指された第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局で永瀬拓矢王座(29)を下し、対戦成績3勝1敗でタイトルを防衛、3連覇を果たした。師匠の杉本昌隆八段(53)がサンケイスポーツに手記を寄せ、2度の「千日手」を経て敗れた第1局が「勝負のターニングポイント」と指摘した。まな弟子を巡る地元愛知ならではのエピソードを明かし、19日の誕生日に向けて温かいメッセージを送った。

苦しみながらも果たした3連覇。心よりおめでとうと言いたいです。今年度の藤井棋聖は防衛戦が増えたため対局数が少なく、実戦不足で調子を落としていました。最もいい時の状態から考えると7割ぐらいの出来ではないかと思います。最も苦しいタイトル戦だったかもしれません。

第1局は完敗でした。「千日手」が2度続く異例の展開に、永瀬王座の棋聖戦にかける思いを見ました。2人は約5年前から研究会を続けていますが、研究会で意識的に千日手に持ち込むことはありません。タイトル戦での藤井戦本番にとっておいた秘策でした。

藤井棋聖は敗れはしましたが、千日手による指し直しで計3局指せたことで実戦不足を補えました。勝負勘を取り戻せたことが大きかった。また、永瀬王座の〝本気〟を見られたことは精神面でも得たものが大きかったはず。第1局の千日手こそ、勝負のターニングポイントでした。

【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】 杉本昌隆八段から誕生日ケーキをプレゼントされた藤井聡太棋聖(右)=17日午後8時32分、名古屋市中区の「のぶながホール」(沢野貴信撮影)
【第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局】 杉本昌隆八段から誕生日ケーキをプレゼントされた藤井聡太棋聖(右)=17日午後8時32分、名古屋市中区の「のぶながホール」(沢野貴信撮影)

将棋は2人で作り上げる芸術。以降も両者力の入った熱戦で、互いに良く知る間柄だからこその名局が続きました。藤井棋聖はもがき苦しんで、また一歩成長したと思います。

念願の地元愛知でのタイトル防衛にもなりました。第4局が指された名古屋・大須地区はパソコンショップが多く、藤井棋聖も関心がある街のはず。昨年、私が研究用のパソコンを新しくしようと探した際にも、藤井棋聖と大須の商店街の話になりました。私一人で商店街へパソコンを買いに行き、私のことなど知るよしもない店員さんから「お客さま、これを購入されれば藤井プロの気分になれますよ」と言われてしまいましたが…。

19日に藤井棋聖は二十歳となります。小学4年の弟子入りから10年。もう二十歳、そしてやっと二十歳。彼の人生は、普通の人より時計の針が早いような気がします。プロになった14歳がひとつの成人で、初タイトルの棋聖位を取った17歳で既に一流の仲間入りをしています。今まで通り、勝負の道を究めてくれることを願っています。



  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図