〇虎将トーク=TV編

「ウル虎」で2カード連続勝ち越しに、阪神・矢野監督は「このユニホームで勝てたし、これからも勝つという試合を」

サンスポ
阪神・矢野監督=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
阪神・矢野監督=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)

(セ・リーグ、阪神3ー1中日、17回戦、阪神10勝7敗、17日、甲子園)阪神が逆転勝ちで、「ウル虎の夏」シリーズで2カード連続の勝ち越しを決めた。1点を追う一回無死満塁で佐藤輝明内野手(23)が16打席ぶりの安打を右前に放ち、逆転。さらに1死一、三塁からの重盗で三走の近本光司外野手(27)が生還し、加点した。今季8度目の満塁機で初の適時打を放った佐藤輝は今季6度目の猛打賞。7月初登板を8回1失点(自責0)で終えたジョー・ガンケル投手(30)は6月12日のオリックス戦(京セラ)以来の白星で4勝目(5敗)を挙げた。新型コロナウイルスの濃厚接触者となり、「特例2022」で13日に抹消された大山悠輔内野手(27)が中日との2軍戦(鳴尾浜)で途中出場から守備にも就き、2打数無安打1四球だった。観衆4万2601人は今季最多。矢野耀大監督(53)のテレビインタビューは以下の通り(チーム成績42勝45敗2分、観衆4万2601人)。

ーーガンケルは

「申し分なしですね。初回は自分のミス(けん制悪送球)がありましたが、テンポよく、球数(92球)も少なく、八回まで行ってくれたんでよかったです」

ーー八回1死満塁のピンチ

「最後の最後に、より集中力を高めて丁寧に丁寧に投げる姿が見えていたんで、最後の大島もイヤなバッターですけど、丁寧に投げてくれました」

ーー3連投の岩崎

「いつも落ち着いて淡々と見えるかもしれませんが、気持ちの中で向かって行くというのは優のいいところなんで、どんな状況でも冷静に熱く投げてくれています」

ーー一回無死満塁から逆転打

「ここ最近、チャンスで打てていなかったですし、本人も気持ちよく打席に立つという感じじゃなかったんで、1打席目のチャンスで打てたのは、あとのヒットにもつながったことになる。明日(18日)以降、より気持ちも向かって行く輝らしいバッティングができるかなと思います」

ーー3点目は足を絡めた

「行けるところは行く野球をしていますし、そういう意識を高く持ってやってくれれば、チャンスが生まれて来ると思うんで、チャンスがあれば行きます」

ーー大山不在の中、投手が粘り強く

「ウチの持ち味は一番は投手陣。しっかり先発、中継ぎがやってくれています。エラーも出ているんですが、よく守ってくれている部分もあるかなと思います」

ーーウル虎の夏シリーズで2カード連続勝ち越し。いい形でマツダスタジアムに向かえますね

「たくさんのタイガースファンに喜んでもらいたいですし、勝つ試合は一番望んでくれていることなんで、このユニホームで勝てたし、これからも勝つという試合を見せて行きたいです」


  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  3. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害