杉本昌隆八段、大盤解説会で藤井棋聖との誕生日ネタで笑い誘う/将棋

サンスポ
将棋の第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局の大盤解説会に登場した杉本昌隆八段=名古屋市の万松寺
将棋の第93期ヒューリック杯棋聖戦第4局の大盤解説会に登場した杉本昌隆八段=名古屋市の万松寺

将棋の藤井聡太棋聖(19)=竜王・王位・叡王・王将との5冠=が永瀬拓矢王座(29)の挑戦を受ける「第93期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)の第4局が17日、名古屋市の「亀岳林 万松寺」で指されている。

藤井棋聖の師匠、杉本昌隆八段(53)が午後3時過ぎ、同所で行われている大盤解説会に登場。19日に20歳を迎える藤井棋聖との誕生日エピソードを披露した。

藤井棋聖が竜王を獲得した昨年11月13日は杉本八段の誕生日だったが、当時、藤井棋聖は「全く知らなかった」と打ち明けており、「『全く知りませんでした』の『全く』はいらない。あんなに断定されなくても」と自虐的に笑いを誘った。

棋界の誕生日事情については、「師匠の誕生日を覚えるより将棋を勉強しろと言われる」と説明。師弟が互いの誕生日を知らないのは、普通のことだという。プロ棋士養成機関「奨励会」に26歳の年齢制限があるため、「誕生日はうれしくない」とも明かした。

しかし、藤井棋聖が中学生でプロデビュー後は1年目にノート、2年目に新幹線の形をしたネクタイピン、3年目に出張先の高知県で購入したカツオのなまり節を誕生日に贈ったという。2日後に控えた藤井棋聖の20歳の誕生日については「周りから言われるので、(会場に)来る前に寄り道して買いました」と照れ隠しして明かした。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図