阪神・伊藤将、G連続完封!4連続含む自己最多9K 江夏以来53年ぶり甦った猛虎左腕伝説

サンスポ
完封勝利し、梅野㊨と喜び合う伊藤将(撮影・松永渉平)
完封勝利し、梅野㊨と喜び合う伊藤将(撮影・松永渉平)

伝統の一戦で53年ぶりの快挙! 阪神は14日、巨人に3-0で快勝。伊藤将司投手(26)が4安打9奪三振の完封で6勝目を挙げた。阪神の左投手のG戦2試合連続完封勝利は、実に1969年の江夏豊以来だ。自身の甲子園8連勝を決めた左腕の快投で、チームも4位タイに浮上。さらに上昇気流に乗っていく!!

一回、岡本和と勝負する伊藤将。自慢の制球力で相手を封じていった
一回、岡本和と勝負する伊藤将。自慢の制球力で相手を封じていった

最後の打者を打ち取ると、左拳を強く握った。伊藤将が巨人戦2試合連続完封で今季6勝目。2年目左腕が夏場の9連戦中、伝統の一戦で〝ウル虎〟な大仕事をやってのけた。

「自分でもまさか巨人に2回も完封できるなんて思ってもいなかったので、できて良かったです」

自慢の制球力が光った。三回、先頭の中山から圧巻の4者連続三振。四回2死から連打で2死二、三塁のピンチを迎えたが、増田陸を冷静に遊ゴロに料理した。

六回以降は安打すら許さず、9回を113球で投げ切り、自己最多の9奪三振で4安打無失点。甲子園では昨季10月1日の中日戦から自身8連勝となった。

中11日の難しい調整を乗り越えた。当初は9日に先発する予定だったが、相手のヤクルトに新型コロナウイルス感染者が続出した影響で試合中止。10日のスライド登板が決まってもさらに中止となった。「ブルペンに入って感触を確かめながらやってきた」と万全に仕上げた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー