日本ハム・石井が快勝呼ん弾 BIGBOSS政権下初6連勝!新庄監督「興奮しました」

サンスポ
5回、2点本塁打を放った日本ハム:石井一成=草薙球場(撮影・塩浦孝明)
5回、2点本塁打を放った日本ハム:石井一成=草薙球場(撮影・塩浦孝明)

(パ・リーグ、日本ハム6-0楽天、13回戦、楽天9勝4敗、14日、静岡)「9番・二塁」の日本ハム・石井一成内野手(28)が五回に、自己最多を更新する5号2ラン。3年ぶりの6連勝に貢献し、お立ち台で笑みを浮かべた。

「あんなに飛ぶとは思わなかった。風にも乗ってスタンドに入ってくれて本当に良かった」

五回1死二、三塁の好機に、フルカウントから宇佐見の意表を突くスクイズで先制。なお2死三塁で、岸の127キロのチェンジアップをすくい上げ、右翼席へ運んだ。

試合前の特打で、新庄監督から「思い切り引っ張りなさい」と助言された。石井は「ボスから秘密のアドバイスをいただいて打てました」と胸を張り、指揮官も「いい形でホームランに。興奮しました」と喜んだ。

作新学院時代の日本ハム・石井=2012年
作新学院時代の日本ハム・石井=2012年

栃木・作新学院高で通算15本塁打を記録し、3季連続で甲子園に出場。2年夏は同校49年ぶりの4強入りを果たした。2017年に早大からドラフト2位で入団し、6年目の今季はブレークの予感を漂わせる。

13日の木村に続き、2夜連続で9番打者が値千金の一発を放ち、静岡シリーズで2連勝。石井は「札幌に戻りますけど、まだまだ勝っていきたい」と頼もしかった。(加藤次郎)

★大学同級生も刺激 石井の早大野球部時代の同級生で、現在は静岡の社会人チーム・山岸ロジスターズでプレーする砂田至さんが1年ぶりに現地で観戦。「さすがのひと言。めちゃめちゃうれしいです。刺激をもらったので明日の練習も気合が入りそうです」と喜んだ。石井は「仲のいい友だちが見に来てくれて、いい姿を見せられてよかった。力になりました」と感謝した。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故