突破する日本

「冷厳な事実」先取りしていた安倍元首相の政策 日本が初めて新たな戦略的構想の考案をリード

ZAKZAK
安倍元首相が「日本のために」と執念を燃やした安全保障関連法は2015年9月19日未明、参院本会議で可決、成立した
安倍元首相が「日本のために」と執念を燃やした安全保障関連法は2015年9月19日未明、参院本会議で可決、成立した

安倍晋三元首相が第1次政権で「自由で開かれたインド太平洋」構想の原型を発表したとき、「当時は、世界の多くの識者は彼が挑発的で危険だと考えていた」(元米NSCアジア上級部長、マイケル・グリーン氏、朝日新聞7月10日付)。世界にまだ中国への警戒心がなかったからだ。

安倍元首相
安倍元首相

「中国が日本やアジアの他の国々への軍事的、経済的な圧力を増すなかで、安倍氏は(自由で開かれた)インド太平洋の構想を発案した。これは(米)バイデン政権が完全に取り入れているものだ。日本が新たな戦略的構想の考案をリードしたのは初めてのことだった」(米外交問題評議会上級研究員、シーラ・スミス氏、朝日新聞7月10日付)。

日本国内でも、安倍氏の政策は一部の人たちに危険視された。防衛情報などの漏洩(ろうえい)を防ぐ「特定秘密保持法」制定の際には、暗黒社会が到来すると野党や大半のメディアは反対した。

保持するが行使できないとされてきた集団的自衛権について有識者会議などでの検討の末、限定的な行使は可能と政府の憲法解釈を変更した。そして、新しい憲法解釈に基づいて安全保障関連法を制定した際には、野党や市民団体は「戦争法」と呼び、戦時体制になると煽った。

「テロ等準備罪」を新設した際にも、警察国家になると国民の不安を搔き立てた。これらは日米同盟を緊密化し、抑止力を高める措置だった。逆に、外国から戦争を仕掛けられないようするものだった。野党やメディアが主張したような事態は何一つ起こっていない。

  1. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  2. 「うめづのお好み焼き」トレンド入り!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」悠人(横山裕)が久留美(山下美月)に渡した「最大級の感謝」

  3. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」史子(八木莉可子)登場で舞(福原遥)と貴司(赤楚衛二)の関係が進展?「恋の火付け役」

  5. 【犯罪最前線】報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態