暮らし替えの道しるべ

(85)買いたくなる家にする片づけ

産経ニュース

今から10年以上前、「片づけられず、家が売れない。片づけてほしい」という顧客のひと言から、不動産売却のために心ときめく部屋にする「ホームステージング」という片づけサービスを始めました。

実は物件の売買は、居住中に行われることもあります。空き家のほうが「売りやすい」と考える不動産会社もありますが、むしろ居住中のメリットを生かせば販売促進につながります。

ホームステージングは、一般的な片づけとは異なります。「住んでみたい」と思わせる、魅力的な部屋を演出することが重要です。

片づける前
片づける前
片づけた後
片づけた後

そのために、床にあるものを片づけ、広く見せるようにしなければなりません。また、色とりどりの家財は見せないように収納し、部屋に統一感を出すことが大事です。一方で、子供の作品やぬいぐるみ、家族写真や旅行先のお土産など、居住者の個人的な情報は、できるだけ取り除くことが必要です。

そうすることで、内見者が「自分がそこに住んでいるイメージ」を膨らませることが可能になります。生活感を抑えますから、売り主は多少は暮らしづらくなってしまいます。

写真は、ハワイにある居住中の住宅を売却した際のホームステージング事例です。その効果は一目瞭然ですね。

(日本ホームステージング協会 代表理事 杉之原冨士子)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」