虎の〝A・ロッド〟が入団会見「クライマックスに進出し、優勝を勝ち取りたい」

サンスポ
会見後、1軍の練習に合流した阪神・ロドリゲス=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
会見後、1軍の練習に合流した阪神・ロドリゲス=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

阪神の新外国人、アデルリン・ロドリゲス内野手(30)=前パドレス3A=が12日、西宮市内で行われた入団会見に出席した。

「阪神タイガースという球団が今年、日本に戻ってくるチャンスをくれたので、そこに非常に感謝しています。いつも思っていますが、全力でプレーすることが大事だと思っていますし、何より、日本にまた戻ってくるっていう機会をもらえる選手ってそういないと思うので、全力を尽くして頑張りたいと思います」

6月20日に球団との正式契約が発表され、7月8日に来日。会見には紺色のスーツと青色のシャツに身を包んで臨み、ていねいに質問に答えた。

2020年に所属したオリックスでは6本塁打に終わり、退団したが、翌21年は米大リーグ、タイガース3Aで29本塁打をマークし、MVPを獲得。今季はパドレス3Aで45試合に出場し、打率・272、12本塁打、46打点と結果を残した。

セ・リーグでのプレーは初めて。だが、元虎助っ人のスアレスやガルシア、チームメートとなるマルテなど、同じマンションに住んでいた選手らとも話をしていたといい「すごくファンが熱心だって話を聞いていたので、その中で自分も活躍できることはすごくうれしく思います」と新天地でのプレーに胸を躍らせた。

チームが上位を見すえて戦っていく中で、救世主として結果を残してくれることが求められる。マイナー通算215発を誇る虎の〝A・ロッド〟は「どこのチームにいても1勝を目指してやってきたので、それは変わらずに突き進みたいと思っていますし、まず1個ずつだと思うので、クライマックス(シリーズ)にしっかりと進出して、そこから優勝を勝ち取りたい」と意気込んだ。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず