参院選

自民単独で改選過半数の大勝

産経ニュース
当選確実の候補者に花をつける自民党総裁の岸田文雄首相=10日午後9時52分、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
当選確実の候補者に花をつける自民党総裁の岸田文雄首相=10日午後9時52分、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

第26回参院選は10日、投開票が行われた。自民、公明の与党は参院全体(248議席)の過半数の125議席に加え、改選議席(124)の過半数の63議席を大きく上回った。改選55議席の自民は63議席に達し、単独でも改選過半数を確保する大勝を収めた。与党に日本維新の会、国民民主党、憲法改正に前向きな無所属を加えた「改憲勢力」が、改憲の発議に必要な3分の2(166議席)の維持に必要な82議席以上を獲得した。

首相は10日夜のNHK番組で、物価高騰対策に関し「状況の変化に適切に対応したい」と述べ、大型補正予算の編成を本格的に検討する考えを示した。

自民は焦点だった全国32の改選1人区で28勝4敗と圧勝した。公明は改選14議席を維持できない見通し。立憲民主党(同23議席)、国民民主(同7議席)、共産党(同6議席)も勢力を落とした。立民は20議席を割り込んだ。

改選6議席の維新は11議席に達し、倍増も視野に入る。れいわ新選組は比例代表2と東京選挙区の山本太郎代表の3議席を得た。社民党、NHK党、諸派の参政党は比例で1議席を確保した。参政党は初めての議席獲得となった。

今回の参院選は、参院の総定数248のうち、改選124議席(選挙区74、比例代表50)と、神奈川選挙区の欠員補充1の計125議席を与野党が争った。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生