参院選

千葉 立民・小西氏 政権批判票厚め3選

産経ニュース
当選を確実にし万歳する小西洋之氏(中央)=10日午後8時8分ごろ、千葉市中央区のオークラ千葉ホテル(前島沙紀撮影)
当選を確実にし万歳する小西洋之氏(中央)=10日午後8時8分ごろ、千葉市中央区のオークラ千葉ホテル(前島沙紀撮影)

参院選の千葉選挙区(改選数3)では、立憲民主党現職の小西洋之氏(50)が当選を確実にした。平成25年以降続いていた自民2、旧民主系1という千葉選挙区の勢力図は、今回も変わらなかった。

午後8時過ぎに小西氏の当選確実の一報が届くと、千葉市中央区のホテルに集まった国会議員や支持者から大きな拍手が湧き起こった。まもなく会場に現れた小西氏はお辞儀を繰り返し、支持者らと喜びを分かち合った。当選は3回目。

小西氏は、6年前の民進党と比べ、今回の立憲民主党に対する(有権者からの)期待が小さいように感じたと説明し、「厳しい戦いだった」と振り返った。

そして、「3期目となり、党の中堅議員の1人として党の躍進のために頑張る決意だ」と抱負を語った。記者団の取材に対しては、「憲法・法律違反や、アベノミクスの負の遺産である岸田インフレについては社会分断を生まないよう与野党が真摯に解決に取り組まなければならない」と意気込んだ。

選挙戦で小西氏は、「円安による値上げで家計や中小企業が苦しめられている」と強調。「岸田インフレを打倒する」として、経済政策の転換を訴えた。政権への批判票を取り込んで得票を伸ばした。

立民は公示前後に泉健太代表、西村智奈美幹事長が応援に駆けつけるなど、挙党態勢で小西氏を支援した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害