「蛇男」ニエテスが井岡一翔に牙を剝く 闘い方は「変える可能性が高い」/ボクシング

サンスポ
幸運を呼び込むというヘビの絵が描かれた服を着るドニー・ニエテス
幸運を呼び込むというヘビの絵が描かれた服を着るドニー・ニエテス

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ(13日、東京・大田区総合体育館)の予備検診が11日、東京・文京区の日本ボクシングコミッション本部事務局で行われた。元世界4階級制覇王者で、同級1位のドニー・ニエテス(40)=フィリピン=と、5度目の防衛を目指す王者の井岡一翔(33)=志成=はともに異常なしと診断された。

ニエテスは6日にフィリピンから自身を含めて5人のチームで来日し、来日後はミット打ちなどの軽めの練習で調整してきた。身長160・4センチと井岡より4・2センチ低く、リーチでも0・6センチ劣るなど、体格は不利だが「前回のファイトのときも同じように井岡選手の方が身長は高かったので、特に気にしていない」と問題にしない。

井岡とは2018年の大みそかにマカオで、WBO世界同級王座決定戦として世界4階級制覇をかけて対戦。2-1の12回判定で勝利した。約3年7カ月ぶりに井岡と対面し「井岡選手と久しぶりに会えてすごくうれしい」と余裕を見せた。

日本での試合は初めてだが、気温などはフィリピンとほぼ同じだといい、インドネシア、メキシコ、米国、UAEなどでの試合経験があり「とりわけ新しいことではない」と不安はない。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー