参院選

公明・山口氏「極めて残念」 比例票激減で目標未達

産経ニュース
岸田首相との会談後、取材に応じる公明党の山口代表=11日午後、首相官邸
岸田首相との会談後、取材に応じる公明党の山口代表=11日午後、首相官邸

公明党の山口那津男代表は11日、参院選比例代表で目標に掲げた7議席を獲得できず6議席となり、選挙区と合計で13議席となったことに関し、「極めて残念であり、私の力不足を党員、支持者におわびしなければならない」と述べた。岸田文雄首相との会談後、官邸で記者団の質問に答えた。

公明は参院選で選挙区と比例代表で合計14議席、比例代表で800万票獲得を目指すと表明していた。結果は合計13議席にとどまり、比例代表も目標よりも約189万票少ない約618万票となった。公明の支持母体である創価学会には高齢化に伴う集票力の低下が指摘されていたが、改めて露呈した形だ。

山口氏は比例票が激減した要因について、酷暑や新型コロナウイルスの感染再拡大、安倍晋三元首相の銃撃による急逝などの可能性を挙げた。その上で、「これらを詳細に分析し、今後の教訓として生かしたい」と説明。自身の進退については「熟慮していきたい」と述べるにとどめた。

比例票の激減が自民、公明両党のパワーバランスに及ぼす影響については、「参院では非改選も含めて与党では過半数は得たが、自民党が単独で過半数には至ってはいない。やはり自公連立の価値は非常に重い。公明は1議席減ったが、参議院での役割は極めて重い」と強調した。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生