阿炎「がむしゃら相撲」で横綱食い 波乱の座布団舞いに「良くないことですね(笑)」/名古屋場所

サンスポ

「師匠から『最後まであきらめるな』と言われており、常に頭に入っている。よく覚えていないが、思い切り良く体か動いた」と無心を強調し、自画自賛した。

成長した姿がそこにあった。一昨年の7月場所中、日本相撲協会の新型コロナ対策ガイドライン(外出禁止)に違反。3場所出場停止などの懲戒処分を受け、幕下まで転落した。

反省の日々が相撲との向き合い方を変えた。以前は自分にフォーカスするだけで満足していたが、今では他の力士の相撲の研究を怠らない。照ノ富士には今年初場所でも勝利しており、これで2勝2敗の五分。着実に地力をつけてきた。

とはいえ、持ち味の明るさは変わらない。この日の波乱に座布団が舞うと、阿炎は「良くないことですね」と笑った。

自身を見つめ直し、生まれ変わった男が、明るく強く名古屋の主役になる。(月僧正弥)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式