阿炎「がむしゃら相撲」で横綱食い 波乱の座布団舞いに「良くないことですね(笑)」/名古屋場所

サンスポ
初日、照ノ富士を送り出しで下した阿炎=ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)(撮影・薩摩嘉克)
初日、照ノ富士を送り出しで下した阿炎=ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)(撮影・薩摩嘉克)

大相撲名古屋場所初日(10日、ドルフィンズアリーナ)小結阿炎(28)が2場所連続優勝を狙う横綱照ノ富士(30)を送り出しで破った。かど番の2大関は明暗。御嶽海(29)は隆の勝(27)を押し出したが、正代(30)は琴ノ若(24)に押し出された。貴景勝(25)は霧馬山(26)の寄りに屈し、1横綱2大関が敗れる波乱のスタート。若隆景(27)と大栄翔(28)の両関脇も、そろって黒星を喫した。今場所は新型コロナウイルス感染拡大後初めて、観客数に制限を設けず開催される。(観衆=6331)

■土俵際で逆転 2年半ぶりに通常開催に戻った土俵で、いきなり波乱を巻き起こした。観衆のざわめきが収まらない館内で、阿炎は荒い息を吐きながら満足そうにほほ笑んだ。

「無我夢中で相撲を取ったからチャンスが転がってきた。がむしゃらに相撲が取れた」

立ち合いから得意のもろ手突きで前に出ようとしたが逆に、照ノ富士の圧倒的なパワーに土俵際まで追い込まれた。だが、あきらめることなく右腕を振って回り込むと、バランスを崩して背中を向けた横綱を土俵下まで送り出した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」