安倍氏銃撃、電動装置で発火? 「銃弾も自作の可能性」と専門家分析

産経ニュース
山上徹也容疑者の自宅マンションから危険性があるものを運び出す奈良県警の警察官=8日午後7時21分、奈良市(沢野貴信撮影)
山上徹也容疑者の自宅マンションから危険性があるものを運び出す奈良県警の警察官=8日午後7時21分、奈良市(沢野貴信撮影)

安倍晋三元首相の銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者(41)が使用した手製銃について、銃器の専門家は、市販の材料で自作できる構造との見方を示している。

報道された画像を確認した元陸上自衛隊富士学校研究員、照井資規氏は、今回使用された銃器にバッテリーのようなものが設置されていたことに注目する。

照井氏によると、バッテリーは電動ガン用に使われる高出力のものと似通っているとし、そこからコードが伸びて二股に分かれ、2つの筒状の銃身につながっているようにみえるという。

照井氏は「通常の銃のように撃鉄を下ろした衝撃で発射するのではなく、電動で発射する仕組みの銃器の可能性がある」とし、「金属パイプなど、市販の材料で十分作成できる構造とみられる」と分析する。

また、市販の材料で作れるのは銃身だけではなく、照井氏は「今回の銃器のような構造であれば実弾も自作した可能性がある」とも指摘する。

照井氏によると、銃には通常、火薬の詰まった定形の銃弾が用いられる。だが、今回のような筒状の銃身の場合、花火などに使われる黒色火薬と金属製の玉を銃身に詰め、スイッチの先に加熱装置を付けて圧力をかけて発火させれば、「殺傷能力のある銃ができ上がる」とみる。

構造は「電動で発火する火縄銃」ともいえ、2013年のボストンマラソンのテロ事件で使われた爆弾とも、爆発させる方法が似ているという。

ただ、銃身が爆発しない程度の圧力に留めるにはバランスが難しく、照井氏は「実験を相当の回数重ねた可能性がある」と話した。

映像では発砲後に白煙が舞い上がったことが確認でき、照井氏は「黒色火薬が燃えた煙の可能性がある」と分析。「すべて市販の材料で作ったとすれば、警察が把握するのは容易ではなかったかもしれない」としている。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  3. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病