DeNA・桑原将志、超美技ダイブでピンチ救った!! 抜ければ大量点も「迷いはなかった」

サンスポ
八回、吉川尚輝の打球を好捕したDeNA・桑原将志=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
八回、吉川尚輝の打球を好捕したDeNA・桑原将志=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

(セ・リーグ、巨人4-8DeNA=延長十回、13回戦、6勝6敗1分、10日、東京D)DeNAのセンター、桑原将志外野手(28)がスーパープレーでチームを救った。

3―3の八回2死満塁。抜ければ逆転を許す吉川の手前へのライナーに飛びつき、見事なダイビングキャッチで無失点で切り抜けた。最大の危機を脱したチームは延長十回に勝ち越し、引き分けを挟んで3連勝を飾り、試合のなかった阪神を抜いて4位に浮上した。

1点も許されない終盤の大ピンチ。桑原は「巨人の打者が非常に粘り強かったし、エスキー(エスコバー)が一番苦しかったと思うので、何とか助けられるようにと、そういう準備はしていた」と振り返る。

八回、好プレーのDeNA・桑原将志(左)。出迎えたエスコバーとタッチを交わす=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
八回、好プレーのDeNA・桑原将志(左)。出迎えたエスコバーとタッチを交わす=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

左打者の左中間寄りへ切れていく難しい打球。前進守備の勢いそのままに飛びついた。抜ければ大量失点の可能性もあったが「いや、もう迷いはなかったですね。後ろにそらしたらどうしようとかは考えてなかったので、とにかくアウトを取るしかないと思っていたので、その準備はできていたので良かったです」と雄たけびをあげ、場内からは大きな拍手が起こった。

三回には菅野から先制打も放った。「追い込まれていたし、何とかコトを起こして、点が入ればいいなという気持ちで。結果、2点取れたので良かった」とうなずいた。7日の中日戦(横浜)ではフェンスに激突しながら好捕。「(体は)大丈夫」と語るガッツマンは「みんな目の前の試合を勝つ気持ちは日々強くなっている。本当にいい集中力でゲームができている。僕もしっかり自分のプレーができるように頑張る」と気合を入れた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…