阿炎は初日に照ノ富士戦 「あきらめることなく全力で」 通常開催の館内沸かせる/名古屋場所

サンスポ
阿炎
阿炎

大相撲名古屋場所は10日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナで初日を迎える。9日は土俵祭りが営まれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や審判部の親方衆らが15日間の安全を祈願した。今場所は新型コロナ感染拡大後で初めて、観客数(定員7448人)に制限を設けずに開催される。初日に横綱照ノ富士(30)と対戦する小結阿炎(28)は、2場所連続優勝を目指す難敵撃破に闘志を燃やした。

通常開催の初日から波乱を起こす。照ノ富士との対戦を翌日に控えた阿炎が、愛知・東海市の錣山部屋での稽古後に電話取材に応じ、決意を語った。

「相手は横綱。攻略法も何もない。あきらめることなく全力でぶつかる。力を出し切るだけ」

一昨年の7月場所中、新型コロナ対策ガイドライン違反で3場所出場停止処分を受け、幕下下位から出直し。昨年11月の九州場所で再入幕を果たし、今年3月の春場所で自己最高位の関脇まで上がったが、5月の夏場所は千秋楽で敗れて負け越した。「(持ち味の)突き押しをさせてもらえなかった。相手も考えてきている」と振り返る。

今場所前は「押す力をつけようと思った」と稽古の方法を変えた。「たまに行くか、行かないかだった」という出稽古が6月に2年3カ月ぶりに再開されると、積極的に出向いて手応えを得た。

問題を起こしたときから2年。生まれ変わった姿で満員が予想される初日の館内を盛り上げる。(月僧正弥)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ