西武、山川の26号で首位と3差 2位楽天に0・5差

サンスポ
西武・山川は豪快なスイング。〝確信歩き〟の26号となった(撮影・中井誠)
西武・山川は豪快なスイング。〝確信歩き〟の26号となった(撮影・中井誠)

(パ・リーグ、楽天4-8西武、12回戦、西武8勝4敗、8日、楽天生命)西武・山川穂高内野手(30)が6-4の九回に駄目押しの26号2ラン。2位の楽天・浅村へ12本差とするキング独走の本塁打で勝利を決定づけた。

「最後に僕が決められてよかった。完璧ですね」

カウント2-1から酒居の133キロのフォークボールを一閃。直前の直球が顔面付近に抜けたが、主砲は恐れることなく踏み込んで左翼席へ運んだ。チーム79試合目での26本塁打は、シーズン換算で2018年にタイトルを獲得した自己最多に並ぶ47本ペースだ。

オールスター(26、27日)のファン投票で両リーグ最多の約46万票を集めた主砲が2安打3打点。チームは2位の楽天に0・5ゲーム差、首位のソフトバンクも3ゲーム差まで接近した。「先を見ても仕方ない。一つ一つ集中して(戦う)」。不動の4番がバットでチームを押し上げる。(加藤次郎)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑