西日本で災害警戒続く 大気不安定

産経ニュース

西日本は9日も大気が非常に不安定な状態が続き、気象庁はこれまでの雨で土砂災害の危険度が高まった地域で厳重な警戒を呼びかけた。低い土地の浸水、河川の増水・氾濫にも警戒が必要だ。

気象庁によると、日本海西部を進む低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空の寒気の影響もあって大気の状態が安定しない。10日朝までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で四国100ミリ、中国60ミリ、九州北部50ミリ。

8日から9日未明までの24時間降水量は静岡県御前崎市で250ミリを超えた。熊本県球磨村や鹿児島県霧島市では200ミリ、山口県宇部市で150ミリにそれぞれ達した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」