東証続伸も上げ幅縮小 安倍元首相襲撃伝わり

産経ニュース
東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

8日の東京株式市場の日経平均株価は続伸したが、午前の取引終了直後に安倍晋三元首相が街頭演説中に撃たれたというニュースが伝わり、午後の取引開始直後から上げ幅を縮めた。朝方は米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ加速への過度な警戒感が後退。幅広い銘柄で買いが優勢となり、前日終値からの上げ幅は一時300円を超えた。

午前終値は前日終値比379円29銭高の2万6869円82銭。東証株価指数(TOPIX)は24・93ポイント高の1907・26。

米国で金融引き締め加速に対する懸念は和らいだが、日本国内では新型コロナウイルス感染者数が増加傾向にあり、相場の重し要因となった。

  1. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  3. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 川口春奈主演「silent」Snow Man目黒蓮の迫真の演技に視聴者号泣「すごいドラマ」「毎週泣く自信ある」