北斗晶、女子プロレス時代の親子爆笑秘話を披露 母親が「煮るなり焼くなり好きにして」

サンスポ
生島ヒロシ(左)のラジオ番組に出演した北斗晶。女子プロレス時代の親子秘話をユーモラスに明かした
生島ヒロシ(左)のラジオ番組に出演した北斗晶。女子プロレス時代の親子秘話をユーモラスに明かした

元女子プロレスラーでタレント、女優の北斗晶(54)が8日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0)にゲスト出演した。

埼玉県北葛飾郡吉川町(現吉川市)の農家に生まれた北斗。高校を中退し全日本女子プロレスのオーディションを受けたが、当時はクラッシュギャルズ(長与千種とライオネス飛鳥)人気もあり、史上最高の人数が集まり「自分と同じ年くらいの、あんな数の人を見たことはなかった」と振り返る。

パーソナリティーの生島ヒロシ(71)から「ご家族は反対だったでしょう?」と聞かれ、「私は農家の本家の娘だったので、おじいさんが一番、怒りました。『冗談じゃない!』って。でも、残り10人くらいになったとき、(合格して)フラッシュを浴びる孫の姿を見て泣いて(喜んで)いたそうです」。

デビュー2年目に首の骨を折る大けがをし、会社から「すぐに来て下さい」と親に連絡がいったが、その時の母親の返事は「今、田植えで忙しいから」-。さらにケガから復帰する際、19歳で未成年だったので、会社が今後について尋ねたところ、母親の答えは「煮るなり焼くなり好きにしてください」だったという。これには生島も「肝っ玉母さんですね」と大爆笑した。

かつては『デンジャラス・クイーン』『鬼嫁』と呼ばれた北斗だが、今の最大の目標は親孝行だ。「プロレスで入寮する際、母親が別れ際に寂しそうに雨の中を濡れながら階段を降りていったんですが、急に駆け上がってきてティッシュに包んだお金を私の手に握らせたんです。ビッチョビチョのお金を見た時、絶対に親孝行しなきゃと思いましたね」と笑顔で明かした。15日も番組に出演する。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑