岸田首相一問一答 「最大限の厳しい言葉で非難」

産経ニュース
安倍晋三元首相が銃撃され負傷したことを受け記者団の質問に答える岸田文雄首相官=8日午後2時53分、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三元首相が銃撃され負傷したことを受け記者団の質問に答える岸田文雄首相官=8日午後2時53分、首相官邸(春名中撮影)

岸田文雄首相は8日、安倍晋三元首相が銃撃されたことを受け、官邸で記者団の取材に応じた。一問一答は次の通り。

--安倍氏が街頭演説中に銃撃されたが、現在把握している状況は。受け止めと政権運営に与える影響は

「本日午前中、奈良県で安倍氏が銃撃され、そして今現在深刻な状況だと聞いている。懸命の救急措置が行われていると承知している。まずは安倍氏が何とか一命をとりとめるよう心から祈りたい」

「今回の犯行の背景はまだ十分把握できていないが、いすれにせよ民主主義の根幹である選挙が行われている中で起きた卑劣な蛮行であり、決して許すことはできない。最大限の厳しい言葉で非難する」

「政府としては今後あらゆる事態を想定し、対応ができるよう万全の対応をしていきたい。今、懸命の救急救命措置が行われている最中なので、今後の政局に与える影響等は今触れるべきではないと思うし、私自身もそうしたことを考えてはいない」

「まず、この現実の厳しい状況に対して救命措置等がしっかりと行われる、政府としてはあらゆる事態に対応できる万全の措置を用意する、これが大事だと思う」

--本日の対応で決まっていることは。また、今後の選挙戦にはどのように対応するか

「まず、この後、閣僚をすべて帰京させたい。閣僚を集めて今回の事態についての認識や政府としての対応を共有し、確認を行いたい。そして今後の選挙等の日程についてはまだ何も決まってはいない。今後の事態をしっかりと把握したうえで適切に対応していかなければならないと思っている」

--閣僚への指示は

「まず実態を把握したうえで、政府として必要な対応をしていかなければならないということだ。実態をしっかり把握したうえで、それぞれ閣僚に役割があるわけだから、その状況に応じてしっかりと責任を果たしてもらわなければならないと思っている。いずれにせよ、しっかりと状況を確認するところからはじまり、政府としてはあらゆる事態に対応できるよう、適切な対応を考えていきたい」

--言論や社会の状況について所感は

「今回の犯行について、犯人像、あるいは背景について、今現在、十分に把握できてはいない。よって、今後警察の捜査等をしっかりと確認をしなければならない。社会の風潮などについては、今回の事件に関して背景が十分確認されていない中で触れることは今は控えたい。何よりも背景をしっかりと確認をすることも大変重要であると認識している」

--警備の状況はどうだったのか

「もちろん、警備については最善を尽くしていたと信じたいが、それについても今一度実態を確認する、そうしたことも大事だと思っている」

--参院選の2日前に事件が起きた

「まさに、そのことについて私の思いを申し上げさせていただいた。民主主義の根幹である選挙で、このような卑劣な行為が行われたことは、この民主主義国家の日本の一員として、多くの国民の皆さんも同様の思いだと信じているが、絶対に許してはならない行為だと強く感じている。最大限の強い言葉で非難するということを申し上げたが、その思いだ」

安倍元首相襲撃 逮捕の男は山上徹也容疑者

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑