中国船2隻が尖閣領海出る 侵入64時間超、最長に

産経ニュース
尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄石垣市(鈴木健児撮影)
尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄石垣市(鈴木健児撮影)

第11管区海上保安本部(那覇)は7日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に5日から侵入していた中国海警局の船2隻が7日午後8時50分ごろ、領海外側の接続水域に出たと発表した。連続侵入は64時間17分となり、平成24年9月の尖閣国有化以降で最長となった。

11管によると、2隻は5日午前4時35分ごろ、日本漁船1隻を追うように領海侵入。漁船の動きに合わせて退去した。連続侵入時間は、6月下旬に64時間と最長を更新したばかりだった。尖閣周辺での領海侵入は今年17日目。

接続水域でも別の中国船2隻が航行し、うち1隻は機関砲のようなものを搭載。接続水域を含め、尖閣周辺で中国船が確認されるのは83日連続となった。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗