阪神D3位・桐敷5回1失点粘投もプロ初勝利はお預け

サンスポ
5回1失点だった阪神・桐敷=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
5回1失点だった阪神・桐敷=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、阪神―広島、13回戦、7日、甲子園)阪神のドラフト3位・桐敷拓馬投手(23)が先発し、5回4安打1失点だった。序盤から直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜる投球で広島打線に立ち向かった。一回は三者凡退で切り抜けたが、二回は先頭のマクブルームに外寄り高めに浮いた146キロを左中間席にたたき込まれ、先制点を献上。しかし、その後はコースを突くていねいな投球を披露し、走者を出しながらも追加点を許さなかった。先発登板は3月27日のヤクルト戦(京セラ)、4月14日の中日戦(バンテリンD)に続き、プロ3度目。70球を投げ抜いたが、味方が得点を挙げられず、プロ初勝利はお預けとなった。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 「息切れ倒産」続発、危ない300社 長引くコロナ、円安、コンプラ関連も…「国税局がマーク」「社長の不動産投資失敗」実態が明らかに

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」大河内教官(吉川晃司)を擁護する声続出「フェイルさせて平気なわけじゃないのが背中でわかる」