北欧SASが米破産法申請 操縦士ストが追い打ち

産経ニュース

北欧のスカンジナビア航空(SAS)は5日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。新型コロナウイルス禍が経営を直撃。リストラで業績回復を目指していたが、操縦士によるストライキが運航に影響を及ぼした。破産法申請後もサービスを維持し、再建を目指す。

アンコ・ファン・デル・ベルフ最高経営責任者(CEO)は破産法申請の背景について「過去数カ月間リストラや財務改善を進めてきたが、ストライキで状況が一段と厳しくなった」と説明した。同社は最大7億ドル(約950億円)のつなぎ融資確保に向けて資金の貸し手と話し合いをしているという。

航空会社では、新型コロナ流行による旅客減少のあおりを受けて、中南米最大手のLATAM(ラタム)などが米破産法の適用を申請した。(共同)

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信