歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

CM曲はミリオン記録の絶大効果 明菜が味わった屈辱…担当者の「所属歌手だったのか」に失望も

ZAKZAK
中森明菜
中森明菜

1970~80年代の音楽シーンで、アイドルの売り出しにはドラマ出演や主題歌、さらにはCMでのタイアップがプロモーションの要だった。長老の芸能関係者は「新人アイドルの場合、所属する大手プロダクションがどこのレコード会社と組むかで注目度が決まった」と前置きした上で当時の芸能界について、こう語った。

「結局はどれだけ宣伝費を投資できるかということです。82年組のアイドルの場合、ビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)が小泉今日子、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)が三田寛子、キャニオンレコード(現ポニー・キャニオン)が堀ちえみ、RCA(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)が石川秀美、新興ながらもテレサ・テンさんや渡哲也さんが所属していたトーラスレコード(現ユニバーサルミュージック)からは早見優がデビューしました。そんな中、中森明菜は知名度も実績もない芸能プロがアイドルを手がけるのは初めてというレコード会社と組んだのですから、正直相手にするメディアは『スター誕生!』の日本テレビを除いては、テレビ東京の『ヤンヤン歌うスタジオ』くらいでしたよ」

さらにこう続ける。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害