「ミラクルが起きた」SKE48の鎌田菜月が漫画家の花田陵からサプライズ

産経ニュース
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演しているSKE48の鎌田菜月
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演しているSKE48の鎌田菜月

SKE48の鎌田菜月が月曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。7月4日(月)の放送では、漫画家の花田陵との意外な交流についてトークを繰り広げた。

先週のラジオ終了後、鎌田は「お風呂につかってから寝ようと思って…」とお湯はりをしたそう。

しかし、お湯はりをしている間に寝てしまうこともしばしば。さらに、その日は東京のホテルに宿泊していたということもあり、「ホテルのユニットバスはすぐに(お湯が)あふれる。経験者だからわかる…」とのこと。

そこで、寝落ちしないためにお湯はりをしている間、ツイッターのスペース配信をしていたところ、花田がリスナーとして参加してきたという。

じつは、鎌田と花田は2019年に対談した仲。その際に連絡先を交換していたため、連絡を取り合い、日をあらためてスペース配信でコラボを実施。配信では、直接話すのは対談以来だったにもかかわらず、2時間半もトークしたと話す。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演しているSKE48の鎌田菜月

なんでも、2人は対談で初対面を果たしたというが、その対談のきっかけとなったのは、鎌田が花田の作品『デビルズライン』のファンだったからなのだとか。

2013年に『デビルズライン』の1巻が発売された際、当時SKE48の研究生だった鎌田がブログで紹介。「たまたまその漫画に本屋さんで出会って、たまたまブログに作品名をあげさせていただいた」と振り返る。

すると、花田が偶然そのブログを見たのか、SKE48のプレゼント受付宛にサイン入りの『デビルズライン』1巻が届くというサプライズが。「まさかのファンの人と同じツールをたどって、私の元にサイン本が届くというミラクルが起きた」と興奮気味で語る。

そんな縁もあって、2019年の『デビルズライン』完結のタイミングで、花田との対談が実現。鎌田は「はじまりを言えば、ただのオタクと作家さん…」と驚く。

さらに、「いつかこの(ラジオ)ブースでお話しできたらな。あわよくば、この番組のステッカーを書いてもらえないかな…(笑)」と妄想を膨らませた。

鎌田の汗対策

また、この日の放送のテーマは「猛暑事件簿」ということで、鎌田の汗対策も披露した。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演しているSKE48の鎌田菜月

夏場は、汗を気にして白いTシャツを着ることが多いとのこと。「グレーのTシャツを着ている人がいてパッと目に入ると、『あぁ汗…』と思ってしまう。やっぱり見ちゃいますね」と明かす。

一方、黒い服で汗をかいてしまうと、汗の塩分のあとが…。「炎天下のライブのときに日焼けができないからパーカーを着たり、帽子を被ったりするけど、(黒い)帽子にもちゃんとあとがついていた。あれは困るよね…」と頭を抱える。

鎌田は、汗染み予防で強力な制汗剤を使用。さらに、ライブ後は汗で髪がびしょびしょになってしまうため、「ドライシャンプーを持ち歩いて生活している」と明かした。(ラジオ大阪)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故