患者やワクチン接種者11万人分の情報流出か、病院に不正アクセス

産経ニュース

岐阜市の安江病院は4日、外部から不正アクセスを受け、病院のコンピューターシステムに保管していた患者や職員、計約11万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。

病院によると、患者や新型コロナウイルスワクチン接種者、延べ11万1991人と、職員715人分の名前や住所、電話番号や病歴など。

職員が5月27日朝、電子カルテのシステムが使えないことに気付いた。翌日には復旧したが、同29日まで救急の受け入れを停止した。岐阜県警や厚生労働省に報告し、専門機関に調査を依頼している。これまで悪用による被害は確認されていないという。

病院は「事態を重く受け止め、より一層の管理体制の強化など再発防止に努める」とのコメントを出した。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…