尖閣接続水域に中露軍艦 平成28年6月以来

産経ニュース
東シナ海上空から望む尖閣諸島
東シナ海上空から望む尖閣諸島

防衛省は4日、同日午前7時過ぎから、中国海軍とロシア海軍のフリゲート艦各1隻が相次いで沖縄県尖閣諸島周辺の領海外にある接続水域に入ったと明らかにした。木原誠二官房副長官は記者会見で「毅然かつ冷静に対処していく」と説明した。外務省の船越健裕アジア大洋州局長が在日中国大使館幹部に電話で抗議し、再発防止を求めた。領海侵入は確認されていない。中露軍艦が接続水域内をほぼ同じ時間帯に航行するのは平成28年6月以来とみられる。

防衛省によると、中国海軍のフリゲート艦は、接続水域に7時44分ごろ入り、6分後、外側に出た。接続水域を航行したロシア艦艇は2日に与那国島と西表島の間を北上した3隻のうち1隻のフリゲート艦。7時5分から8時16分に接続水域に入った。ともに行動していた他の2隻は、接続水域に入らなかった。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意