書評

『広重ぶるう』 藍に魅せられた浮世絵師

産経ニュース

あの、東海道五十三次を描いた浮世絵師・歌川広重(安藤重右衛門)に、こんな過去があったとは。気がつくと、ページを繰る手が止まらなくなっていた。

物語は、定火消(じょうびけし)同心である安藤家に生まれた広重が、祖父との確執から20歳年下の叔父に家督を譲ったものの、浮世絵師としては鳴かず飛ばずでくすぶっている日々から幕を開ける。

いつまでたっても芽が出ない広重に目をかけてくれるのは、今や浅草茅町(かやちょう)で地本(じほん)問屋・栄林堂を営む岩戸屋喜三郎だけだ。喜三郎は、広重の師匠である歌川豊広から、いっぱしの絵師になるまで広重の面倒を見てやってくれ、必ず物になるから、と頼まれていたのだ。

その豊広師匠も鬼籍に入り、三回忌も近づいているというのに、「物」になるどころか、重右衛門の錦絵は一枚八文で売られる代物でしかなかった。どうしても絵師で食べていきたいのなら、枕絵を書けば画料は3倍にはなる、との喜三郎の言葉を、枕絵だけはやらないと突っぱねる広重。

このままではダメだと頭ではわかっているものの、突破口を見つけられずにいた広重だったが、その糸口となったのが、喜三郎が持参した風呂敷の中にあった一枚の団扇(うちわ)だった。広重の目を奪ったのは、ぷるしあんぶるうという異国の色で、ベルリンの藍だから、ベロ藍と呼ばれている藍色だった。

ベロ藍に心を奪われた広重は、折しも依頼された名所絵を、そのベロ藍を使って描こうと思い立つ。江戸の空を描くのには、この色なんだ、と。やがてその名所絵が、後の東海道五十三次につながっていく―。

妻の加代が家計に四苦八苦しているのに、広重の頭の中にあるのは、絵のことだけ。そんな広重の不器用な一徹さが、読んでいるうちにどんどん胸に沁(し)みてくる。天才絵師である北斎との絡みや、加代や一番弟子・昌吉との場面も読ませる。

物語の終盤、大地震を体験した広重が、この時ばかりは元火消同心として振る舞う心意気と、壊滅した江戸の街を目にして、あることを心に抱くくだりが抜群にいい。読んでいて思わず目頭が熱くなる。

読後、実際に「広重ぶるう」を見てみたくなる一冊だ。(梶よう子著/新潮社・2310円)

評・吉田伸子(書評家)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病