2022年夏・参院選

引っ張りだこ菅前首相、意外な人気と存在感 「言いたいこと言う」本来の姿戻り 埼玉選挙区、炎天下の応援演説に聴衆100人超

ZAKZAK
猛暑の中、応援演説する菅前首相=6月30日、埼玉県飯能市
猛暑の中、応援演説する菅前首相=6月30日、埼玉県飯能市

参院選(10日投開票)では、与野党とも大物・著名議員が応援弁士として全国を駆け回っている。昨年退陣した菅義偉前首相も6月30日、埼玉県飯能市の街頭演説に現れた。「仕事師内閣」を率いて、新型コロナ対応や、東京五輪・パラリンピック開催、携帯電話料金引き下げ、デジタル庁設置などを成し遂げた菅氏の話を聞きに、多くの聴衆が詰めかけた。 (報道部・海野慎介)

「昨年の今ごろ、新型コロナの中で私自身は極めて厳しい状況だった。緊急事態宣言の繰り返し、次から次へと起こる新しい事案で、厳しい決断を余儀なくされた」

炎天下の西武飯能駅北口。菅氏は集まった100人以上の人々を前に、首相在任当時をこう振り返った。

菅氏は、最大の懸案だったワクチン接種の態勢整備について、「『できるわけがない』とか、『ワクチン一本足打法』『いつ100万回接種するか言え』などと非難された」「しかし、予想をはるかに上回るスピードで接種が進んだ」などと強調した。

ロシアによるウクライナ侵攻を念頭に、安全保障分野での野党批判も飛び出した。

「(民主党政権で)鳩山(由紀夫)さんが首相になり、日米で取り組んできた(米軍)普天間飛行場の辺野古移設について、いきなり『最低でも県外』と言い出した。結果、日米同盟が機能不全に陥った。(民主党政権時代には)中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突してきた。中国の圧力に屈して船長を釈放してしまった。(ロシアのドミトリー・)メドベージェフ大統領が初めて、北方領土に足を踏み入れた。韓国の大統領が島根県・竹島に上陸した」

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…