NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

イザ!
比嘉暢子(黒島結菜)。第60話の場面から。(C)NHK
比嘉暢子(黒島結菜)。第60話の場面から。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第60話が1日、放送され、本編終了後に第13週「黒砂糖のキッス」の予告映像が流れた。今週に引き続いてヒロインの比嘉暢子(黒島結菜)をめぐる恋の四角関係が軸になると見られ、ネットには波乱の展開を予想した視聴者からのコメントが相次いで寄せられている。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く同作。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

第12週「古酒(くーす)交差点」は、暢子、子供のころ暢子たちと沖縄で過ごした新聞記者の青柳和彦(宮沢氷魚)、和彦の恋人の大野愛(飯豊まりえ)、子供の頃から暢子に思いを寄せてきた幼なじみの砂川智(前田公輝)の恋愛模様を軸に物語が進行した。暢子を追って上京した智は念願の独立起業を果たし、事業を一刻も早く軌道に乗せて暢子にプロポーズしようと張り切るが、無理がたたり過労でダウン。和彦は愛と婚約したが、暢子と智の関係が気になり、結婚が近づくに連れて将来に対し漠然とした迷いが生じていた。暢子も和彦に対する思いが芽生え、生まれて初めての恋愛感情に激しく動揺した。

比嘉暢子(黒島結菜)と青柳和彦(宮沢氷魚)。第58話の場面から。(C)NHK
比嘉暢子(黒島結菜)と青柳和彦(宮沢氷魚)。第58話の場面から。(C)NHK

予告映像では、仕事が上の空の暢子が料理を焦がす、やけどする、給仕中にホールでつまずくなど失敗の連続。和彦と急接近した暢子が動揺する様子や、暢子、和彦、愛、智の4人が海岸で楽しげにダブルデートする映像に、愛の「ほかに好きな人でもいるの?」「私は和彦の気持ちが聞きたい」とのセリフが重なった。立派になって沖縄に帰省した智に熱い視線を送る暢子の妹、歌子(上白石萌歌)の「こんな気持ち初めてだのに」という切ないつぶやき、和彦の上司、田良島甚内(山中崇)の「諦めるのか。自分の幸せを」といった問いかけも。そして最後は、暢子が「好きだけど、きれいさっぱり諦める」と吹っ切れたような笑顔で明るく話すカットで締めくくられている。

  1. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  2. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  3. ついに最終回!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月30日OA第125話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の高熱が下がらず、暢子(黒島結菜)らはある場所へ…。

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」