愛染まつり 5年ぶり宝恵かごパレード ウクライナ人女性も

産経ニュース
祭に参加したウクライナ人女性ら=30日、大阪市天王寺区(渡辺大樹撮影)
祭に参加したウクライナ人女性ら=30日、大阪市天王寺区(渡辺大樹撮影)

大阪に夏の訪れを告げる伝統行事「愛染まつり」が30日、大阪市天王寺区の愛染堂勝鬘(しょうまん)院で始まった。5年ぶりに復活した名物の「宝恵(ほえ)かごパレード」では、ウクライナから避難してきた学生も参加、華やかに街を練り歩き、世界平和を祈願した。

「天神祭」「住吉祭」と並ぶ大阪三大夏祭りの一つだが、近年は新型コロナウイルスなどの影響を受け、規模を縮小して開催。今年は山岡武明住職の呼びかけのもと、同市阿倍野区の清風情報工科学院が受け入れているウクライナ人の女子学生3人も行列に加わり、青色と黄色のウクライナカラーに装飾されたかごに乗り込んだ。

宝恵かごパレードは、この日正午ごろ、天王寺公園前を出発。強い日差しが照りつける中、「愛染さんじゃ、ほーえーかーご」と元気よくかけ声を上げ、浴衣姿の愛染娘らは見物人に笑顔をふりまいていた。

山岡住職は「世界平和をみんなで願う機会になれば」と話していた。


  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走