2022年夏・参院選

山形選挙区、自民と国民〝ドタバタ劇〟の後遺症は? 自民選対委員長のおひざ元 「山形方式」も足並み乱れ大内氏に好機

ZAKZAK
国民民主党の舟山氏
国民民主党の舟山氏

山形選挙区(改選定数1)は事実上、3選を目指す国民民主党の現職、舟山康江氏と、自民党の新人、大内理加氏の一騎打ちの様相だ。ただ、両党ともドタバタ劇があっただけに、その後遺症が、どのように影響するかが注目されている。

一連の経緯を、自民党関係者が明かす。

「自民党の遠藤利明選対委員長は当初、自身の地元にもかかわらず、独自候補を擁立せずに、舟山氏に相乗りするつもりだった。ところが、党内や地元から、『独自候補を立てないなら、参院選全体に悪影響が出る』などと批判が噴出した。揚げ句の果て、『独自候補を擁立できないなら、遠藤氏のクビを獲れ』という物騒な話も出始めた」

遠藤氏
遠藤氏

遠藤氏はなぜ、「舟山」に乗ろうとしたのか。関係者が続けた。

「山形はもともと、自民党が強い地域だったが、2009年の民主党政権誕生ごろから野党が強くなった。原因の1つは、『将来の自民党総裁』とも言われた鹿野道彦元農水相の存在だ。党内抗争の末に離党して、野党陣営に走った。また、自民党が13年、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)加盟にかじを切ったことも大きい」

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた