マイナポイント1万5千円分、30日から開始

産経ニュース

マイナンバーカード取得者に1万5000円分のポイントを付与する「マイナポイント」事業第2弾が、30日から全面的に開始する。カードに健康保険証の機能を登録することや公的給付金受け取り口座を登録することで、それぞれ7500円分のポイントが付与される。カードの新規取得者に対する最大5000円分の付与も1月に先行しており、合計は最大2万円分。総務省はマイナポイント第2弾で、令和4年度末までのカードの「ほぼ全国民」への普及に弾みをつけたい考えだ。

ポイントを受け取るためには、マイナポイントを申請する専用サイトやスマートフォン向けアプリ「マイナポイントアプリ」での手続きが必要となる。

アプリの場合は、カード取得時に登録した4桁の暗証番号を入力し、カードのICチップをスマホで読み取って本人認証する。その上で、カード新規取得、保険証利用登録、公金受取口座登録の3つのポイントキャンペーンを選択後、クレジットカードや交通系、小売り系の電子マネー、QRコードなど82の決済サービス事業者から、自分の取得したいポイントを提供する事業者を1つ選択する。

新規取得者は、決済サービスを選んで利用すれば25%がポイント還元される。2万円の決済で5000円分のポイント還元が最大。マイナポイント第1弾で受け取った人は対象外となる。

カードの保険証利用や公金受取口座の登録をカード取得者向けサイト「マイナポータル」などですでに済ませた人も、マイナポイントアプリやサイトから手続きする必要がある。

マイナポイント付与対象となるカード申請期限は9月末まで、ポイント申込期限は来年2月末まで。

こうした一連の手続きは市町村窓口のほか、一部の郵便局や携帯電話ショップ、イオン系スーパー、セブン銀行ATMなどでもできる。

総務省によると、6月27日時点でのカード交付累計枚数は5722万枚超で交付率は45・2%。同月1日は44・7%で徐々に増えている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国