間宮祥太朗が外国人記者を通じて世界にメッセージ 主演映画で「人生を考えるヒントになってほしい」

サンスポ
日本外国特派員協会で行われた映画「破戒」の会見に出席した左から間宮祥太朗、前田和男監督=東京・丸の内
日本外国特派員協会で行われた映画「破戒」の会見に出席した左から間宮祥太朗、前田和男監督=東京・丸の内

俳優、間宮祥太朗(29)が28日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で行われた主演映画「破戒」(前田和男監督、7月8日公開)の会見に出席した。

島崎藤村の名作小説が原作で、被差別部落出身の小学校教員が出自を隠すことに悩みながらも士族の女性に恋心を抱く物語。映画化は1948年の木下惠介監督、62年の市川崑監督の作品に続き60年ぶりとなる。

この日は外国人の記者や司会者の質問に対応。米国のアジア系に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)など偏見や差別が世界共通の社会問題となる中、間宮は世界の観客にメッセージを求められた。

「僕には僕がみた世界が存在していて、この会場にいるみなさんの数だけ世界は存在している。この作品を通じてそのことを感じてほしいし、人生を考えるヒントになってほしい」と多様性を強調。前田監督は「お互いが同じ時代を生きているという認識を持つことが人権の基本」と力説していた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害