秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

サンスポ

ソフトバンクは、総額で他球団の倍以上となるオファーを提示したもようだ。しかし、秋山は好条件に感謝する一方で、起用方法や球団の戦力バランスなど環境面を考え、候補から外した。

広島には日本代表「侍ジャパン」で親交ある菊池涼がおり、4月のレッズ退団時には電話で連絡も取り合っていた。同学年の会沢、西武時代に指導を受けた河田ヘッドコーチも在籍。チームに溶け込む上で後押しとなる要素も多い。

広島は背番号「9」を用意する。前監督の緒方孝市氏が付け、14年から5年間はFAで巨人に移籍した丸佳浩が背負うなど、広島の外野手として重要な意味を持つ番号だ。メジャーでは本領発揮といかなかったが、その実力は折り紙付き。リーグ3位からの巻き返しを期す広島にとって、大きな戦力となりそうだ。

近日中にも正式発表される見通しだ。19年以来の日本球界復帰を果たす秋山。あと524本とする日米通算2000安打達成、来春のWBC出場も期待される中、新しいユニホームに袖を通す。

■秋山 翔吾(あきやま・しょうご) 1988(昭和63)年4月16日生まれ、34歳。神奈川県・横須賀市出身。横浜創学館高から八戸大(現八戸学院大)を経て2011年ドラフト3位で西武入団。15年にプロ野球新記録のシーズン216安打をマークするなど首位打者1度、最多安打4度獲得。ベストナインに4度、ゴールデングラブ賞に6度輝いた。20年にレッズ移籍。今季開幕直前に自由契約となった。15年プレミア12、17年WBC日本代表。183センチ、86キロ。右投げ左打ち。既婚。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  4. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…

  5. 台湾に安倍元首相の等身大銅像 24日に除幕式