「本当の『悪』が誰かを見極める捜査を」 東京高検検事長就任の落合氏が会見

産経ニュース
東京高検検事長に就任して抱負を述べる落合義和氏=27日、東京・霞が関
東京高検検事長に就任して抱負を述べる落合義和氏=27日、東京・霞が関

東京高検検事長に24日付で就任した落合義和氏(62)が27日、東京・霞が関で記者会見し、「大きな権限を与えられていることの責任を強く意識し、誠実に職務を遂行する」と抱負を語った。東京高検の検事長は法務検察の序列ナンバー2。

落合氏は「犯罪の匿名化が進み、摘発や共犯者の発見が難しくなってきている。本当の『悪』が誰かを見極める捜査を、各検察官に期待する」と述べた。

現在、議論が進む刑事手続きのIT化については「私たち(捜査機関)の仕事の効率化だけでなく、国民の司法の使い勝手にも関連する問題。さまざまな声が届くものになってほしい」と期待を寄せた。

落合氏は北海道出身。東大法学部卒業後、昭和61年に検事任官。東京地検刑事部長や、さいたま地検検事正を経て令和2年7月から最高検次長検事を務めた。

  1. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  2. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン