三谷幸喜氏、大河ドラマの舞台裏話を披露 嫌われ頼朝役の大泉洋から「お前のせいだ」

サンスポ
「鎌倉殿の13人」を執筆中の三谷幸喜氏。出演者との爆笑秘話を明かした
「鎌倉殿の13人」を執筆中の三谷幸喜氏。出演者との爆笑秘話を明かした

今年1月から放送中のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・0)の脚本を担当する脚本・演出家、三谷幸喜氏(60)が、26日に放送された第25回を前にオンラインで会見。7月から本格的に物語が後半に入るのを前に、出演者との交流や執筆の秘話を明かした。

鎌倉幕府の将軍(鎌倉殿=かまくらどの)を裏であやつる家臣たちの内部抗争をユーモアを交えて描く同作。前半のクライマックスに近づく第25回では、初代将軍・源頼朝が突然、気を失って落馬し近づく死を予感させた。このシーンは鎌倉時代を描いた1979年放送の大河「草燃える」でも登場。当時高校生だった三谷少年は「頼朝の(家臣や家族ら)周囲はどう思ったんだろう」と考えたといい、それを今回、映像化したという。

大泉洋演じる「頼朝」の落馬シーン©NHK
大泉洋演じる「頼朝」の落馬シーン©NHK

頼朝を演じる大泉洋(49)は三谷氏にとって、映画「清須会議」(2013年公開)や舞台など自らの作品の常連で気心の知れた仲。権力を振りかざし、非情な上に女好きの頼朝にSNS上では毛嫌いする声も多いが、「大泉の魅力と力量を信頼している。(肖像画と)顔も似てきた。彼の他に頼朝を演じられる俳優はいるだろうか」と語り、全幅の信頼を寄せているようだ。ただ、謎の僧侶、文覚(もんがく=架空の人物)の役で出演する市川猿之助(46)の怪演ぶりを絶賛するメールを先日、大泉に送ったところ、「俺に言うな」と嫉妬されたことを暴露。「そのあと、『頼朝役で日本中に嫌われても、僕は君のことが好きだ』とメールしたら、『お前のせいだ』と返ってきた」と笑わせた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐