静岡も初サンデー、参院選8候補が各地奔走

産経ニュース
静岡選挙区の候補者の訴えに耳を傾ける支持者ら=26日(画像を一部修正しています)
静岡選挙区の候補者の訴えに耳を傾ける支持者ら=26日(画像を一部修正しています)

参院選公示後初の日曜となった26日、静岡選挙区(改選数2)でも候補者らが、訴えを広めようとそれぞれの戦略で各地を回った。

共産新人の鈴木千佳氏は静岡市内の団地やスーパーで、生活に直結する物価高対策で消費税率引き下げなどに取り組むと訴えた。

「共産党は消費税5%、個人事業主らの負担になる『インボイス(適格請求書)』の中止を訴えているが、自公政権は大企業優先で国民の痛みから背を向けている」と支持を求めた。安全保障問題では「軍拡や力対力で平和をつくり出すことはできない」とし、核兵器廃止などの外交努力を強調した。

「厳しい戦い。身を粉にして国政で働くのでチャンスをください」。無所属現職の山崎真之輔氏=国民民主推薦=は島田市の街頭演説で声を張り上げ、初当選した昨秋の補欠選挙での熱気の再現に期待を込めた。

物価高や賃上げの対策のほか、リニア問題にも言及し「大井川の命の水を守る仕事も私の役割だ」と強調。応援に駆け付けた国民の玉木雄一郎代表は「大激戦だ。もう一度、国会で働いてもらいたい」と支持を呼びかけた。

補選敗北の雪辱を期す自民新人、若林洋平氏=公明推薦=は焼津市内でマイクを握った。国を守る一環として食糧の安全保障に触れて「農林水産業をどんなことがあっても守らなければいけない」と力説した。

物価高について「手を打たなければいけない」と主張し、政権の取り組みを評価。「責任、自覚、誇りを忘れずに戦う。パフォーマンスの政治はしたくない。皆さんの役に立ちたい。それが恩返しになる」と声をからした。

無所属現職の平山佐知子氏は川根本町の大井川鉄道千頭(せんず)駅前で演説。スタッフが「完全無所属で応援弁士はいない。すぐ本人の演説です」と強調するなか、茶どころでの農業振興などに触れて「党のためではなく暮らしの目線で活動する」と再選へ支援を求めた。

井川地区など、静岡市葵区の山間部の「オクシズ」エリアも回った。「休日を邪魔しないよう人が集まる場所を敢えて避けた」(陣営)とし、政党などの意向に縛られない活動をアピールした。

NHK党新人の2人は自らの手でポスターはりを続け、舟橋夢人氏は浜松市で「年金制度改革」などを、堀川圭輔氏は富士宮市や御殿場市で「NHK受信料問題の解決」を、それぞれ選挙カーから訴えた。

諸派新人の山本貴史氏は浜松市内を選挙カーで回り、商業施設前や駅前などでの街頭演説で支持を訴えた。無所属新人の船川淳志氏は二輪車による県東部・中部の〝辻説法〟や、交流サイト(SNS)での活動を行ったという。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害