田原俊彦、猛暑もなんの 新曲リリースでキレキレの足上げを披露「今年もしっかりついてきて」

サンスポ
新曲「ロマンティストでいいじゃない」の発売を記念したイベントで、元気一杯のステージを披露した田原俊彦=豊洲PIT(撮影・尾崎修二)
新曲「ロマンティストでいいじゃない」の発売を記念したイベントで、元気一杯のステージを披露した田原俊彦=豊洲PIT(撮影・尾崎修二)

歌手、田原俊彦(61)が26日、東京・豊洲PITで新曲「ロマンティストでいいじゃない」のリリースパーティーを行った。

記録的な暑さもなんの、かっこいいトシちゃんは健在だ。「晴れ男の僕としては、やっちゃったなーというぐらいの今年一番の猛暑」と苦笑いしながらも、スタートからキレキレのダンスを披露。右足を頭上まで上げるトレードマークの動きももちろん見せ、完売1100人の会場をヒートアップさせた。

22日に発売したばかりの通算78枚目の最新シングルは、ブロードウェー・ジャズのような大人のポップス。ボルサリーノ(帽子)にステッキの小粋な姿に着替えてタップダンスも見せ、大人の恋を華麗にうたい上げた。くるくるとステッキを回しながら「これ買ったんだけど、このつえ、じじいだよね」と口にして会場を笑わせたが、80~90年代のナンバーも含めて計7曲を元気に熱唱した。

7月16日からは全国20カ所を巡るツアーをスタートする。コロナ対策でまだ声援をおくれないファンを「マスク暑いよね。早く取れるといいけど」と気づかいながら、「今年もみんなと目いっぱいエンジョイしたい。しっかりついてきてください。いい思い出を作ろう!」と呼びかけた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?