ソフトバンク・藤本監督はビッグボス野球に警戒強める 「若い選手がどんどん振ってくる」

サンスポ
ソフトバンク・藤本監督
ソフトバンク・藤本監督

(パ・リーグ、ソフトバンク-日本ハム、10回戦、24日、ペイペイD)ソフトバンク・藤本博史監督(58)が試合前に代表取材に応じた。日本ハムとは4カード目の対戦(ここまでソフトバンク5勝4敗)。新庄剛志監督(50)率いるファイターズ野球の印象を改めて明かした。

「若い選手がどんどんバットを振ってくる。技術面でいえば、これからどんどん伸びてくる選手だと思いますけど、スイング自体はみんな強いスイングしてくるので」

日本ハムのチーム本塁打53本はリーグ1位。一方で559三振も同1位だが「投手も嫌だと思いますよ。ホームランも一番多いし、それだけバットを振れる選手が多いということ」という。エンドランやスクイズ、ダブルスチールなどの奇襲にも「成功しているのが目立っていて、失敗もあると思う。うちもそうだけど。そこは気を付けながら」と続けた。

藤本監督はオリックス時代の1998年、当時阪神に所属していた新庄監督と兵庫・芦屋市で同じマンションだったという。ペナントレースも中盤戦に入っても「(新庄野球は)気になりますよ。思い切りのあることをするので」と警戒していた。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」