参院選候補者の横顔

千葉 猪口邦子氏(自現)「人の運命を好転させたい」

産経ニュース
【参院選候補者の横顔】千葉 猪口邦子氏(自現)
【参院選候補者の横顔】千葉 猪口邦子氏(自現)

学者から政治家へと転身したきっかけは、平成14年から務めた軍縮会議日本政府代表部特命全権大使(軍縮大使)としての経験だったという。カンボジアの地雷除去などに尽力。「自分が培ってきた知識や能力があるなら、人の運命を好転させるために使うべきだ。きっと何かの理由で多くの人が絶望の中にあるのではないかと思った」と振り返る。その1つは、女性が置かれている立場だった。

17年の「郵政解散」で小泉純一郎首相(当時)に誘われて衆院選に出馬。小泉内閣で少子化・男女共同参画担当相を務めた後、参院議員に当選した。

父親の仕事の関係で10歳から15歳までブラジルのサンパウロで育った。ポルトガル語で周りの子供たちと遊ぶ中で「前向きなことや明るいことは、8割の問題を解決する」と学んだという。

千葉県市川市出身。趣味は料理で、特にフランス料理はフルコースで作り、コロナ禍前は自宅で来客にふるまったことも。座右の銘は「至誠純真、質実剛健」。

参院選2022 千葉選挙区の候補者一覧

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…