畑岡奈紗、古江彩佳が-1で6位発進 渋野日向子は15位/全米女子プロ

サンスポ
第1ラウンド、6番でティーショットを放つ畑岡奈紗。1アンダー=コングレッショナルCC(共同)
第1ラウンド、6番でティーショットを放つ畑岡奈紗。1アンダー=コングレッショナルCC(共同)

全米女子プロ選手権第1日(23日、米メリーランド州ベセスダ・コングレッショナルCC=6894ヤード、パー72)メジャー今季第3戦が開幕。日本勢は5人が出場し、メジャー初制覇を目指す畑岡奈紗(23)=アビームコンサルティング=と今季から主戦場を米ツアーに移した古江彩佳(22)=富士通=が1アンダーの71で回り、首位と7打差の6位と好スタートを切った。

古江と同じく今季から米ツアーメンバーとなった渋野日向子(23)=サントリー=は3バーディー、3ボギーの72で回って15位、昨年の「全米女子オープン」覇者の笹生優花(21)=フリー=も3バーディー、3ボギーのイーブンパーにまとめて15位につけた。今季日本ツアーで5勝を挙げている西郷真央(20)=島津製作所=は3バーディー、5ボギーの2オーバーで50位とした。

午前組で回った畑岡は途中まで雨が降る中、1番から出て、11番(パー5)で3打目をピン横2メートルにつけて最初のバーディー。15番(パー4)はボギーとしたが、16番(パー5)でバーディーを奪った。64で回った田仁智(チョン・インジ、27)=韓国=が64で回り、2位に5打差をつけて単独首位に立った。


  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…