23年度後期NHK朝ドラは「ブギウギ」 「ブギの女王」笠置シヅ子さんをモデルに歌と踊り満載で描く

iza
2023年度後期のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の脚本を担当する足立紳さん。(C)NHK
2023年度後期のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の脚本を担当する足立紳さん。(C)NHK

NHKは24日、2023年度後期の連続テレビ小説が「ブギウギ」に決まったと発表した。109作目となる朝ドラは、 戦後の大スター、笠置シヅ子さんをモデルにしたオリジナルストーリーで、激動の時代の中で、ひたむきに歌に踊りに向き合い続けたある歌手の波乱万丈の物語として大胆に再構成する。

ヒロインの花田鈴子は、香川生まれの大阪育ち。銭湯の看板娘から、「ブギの女王」と呼ばれる戦後の大スター歌手となっていく。大阪の華やかなステージ、生まれ故郷・香川への思い、そして夢を追いかけ東京へ。さまざまな舞台がドラマを彩り、これまでの朝ドラにはないほどの歌と踊りが出てくるという。

脚本は、映画「百円の恋」「嘘八百」などを手がけた足立紳さんが担当する。足立さんは、底抜けに明るくて陽気なメロディーの裏にある笠置さんの人生に思いをはせ、「『今を生きる人たちに、今、必要な活力』が描けるかもしれない」と、主人公のモデルに笠置さんを選んだ意図を説明している。

2023年度後期のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の音楽を担当する服部隆之さん。(C)NHK/(C)木村辰郎
2023年度後期のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」の音楽を担当する服部隆之さん。(C)NHK/(C)木村辰郎

音楽を担当するのは「東京ブギウギ」の作曲者、服部良一さんの孫でもある服部隆之さん。大河ドラマ「新選組!」「真田丸」、朝ドラ「すずらん」のほか、「王様のレストラン」「HERO」「半沢直樹」などで知られる服部さんは、「時代を稲妻の様に走り抜けていった一人の女性。ブギウギという翼を手に入れ空高く羽ばたき、日本中に元気と勇気を振りまいた彼女のジェットコースターの如き人生。朝から視聴者の皆様にワクワク、ドキドキ、ブギウギを感じて頂くべく、微力ながら頑張らさせていただきます」というコメントを寄せた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?