山沢拓也、ウルグアイ戦SOで先発!W杯へアピール、田村優押しのける

サンスポ
ウルグアイとの第2戦で先発を任されたSO山沢。W杯メンバー入りをアピールする
ウルグアイとの第2戦で先発を任されたSO山沢。W杯メンバー入りをアピールする

日本ラグビー協会は23日、ウルグアイ代表(世界ランキング19位)とのテストマッチ第2戦(25日、ミクニワールドスタジアム北九州)に臨む日本代表(同10位)登録メンバー23人を発表した。SOは3キャップの山沢拓也(27)=埼玉=が先発を務める。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、52)は、5年ぶりの代表戦となる司令塔に対し「成熟してきた」と期待を寄せた。

パス、キック、ステップと多彩な攻撃能力を誇る。「ファンタジスタ」の異名を持つ山沢が、日本代表のSOを担う。

「(リーグワン・プレーオフの)準決勝、決勝などを通じてステップアップした。チームをリードできる10番であることを証明した」

オンラインで会見したジョセフHCが、埼玉(旧パナソニック)をリーグワン初代王者に導いた山沢を評価した。

指揮官は来秋のW杯フランス大会を見据え、強化と同時に新戦力の発掘を試みる。日本の司令塔は昨年11月20日のスコットランド代表戦(●20-29、マレーフィールド)に出た29キャップの松田力也(埼玉)が故障中。

2019年W杯日本大会の正SOで69キャップを数える田村優(横浜)は、〝2軍〟メンバーとしてウルグアイとの第1戦(18日)に出場したが、主力組への昇格は見送られた。ジョセフHCが「27歳で成熟してきた。ただ、もう一段ステップアップが必要」と注目する山沢にとって、今回は貴重なアピールの場になる。

若手で編成され、3キャップを獲得した17年アジア選手権以来のテストマッチ。機は熟した。(石井文敏)

■山沢 拓也(やまさわ・たくや) 1994(平成6)年9月21日生まれ、27歳。埼玉・熊谷市出身。熊谷東中からラグビーを始め、深谷高で3年連続花園出場。2年で高校日本代表。筑波大を経て16年にパナソニック(現埼玉)入団。U―20(20歳以下)日本代表、ジュニアジャパン、日本代表通算3キャップ。176センチ、84キロ。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. あすの「ちむどんどん」6月28日OA第57話あらすじ 暢子(黒島結菜)に智(前田公輝)がアプローチ、和彦(宮沢氷魚)は…