生活保護減額、取り消し3例目 東京地裁 国側敗訴

産経ニュース
東京地裁
東京地裁

国が生活保護費を引き下げたのは生存権を保障する憲法に違反するとして、東京都内の受給者ら約30人が都内12区6市に対する減額処分の取り消しと国への慰謝料を求めた訴訟の判決で、東京地裁(清水知恵子裁判長)は24日、処分を取り消した。同種訴訟は29都道府県で起こされ11件目の判決。取り消しは大阪地裁、熊本地裁に続き3例目になった。

訴状によると、厚生労働省は平成25年8月からの3年間で基準額を平均6・5%引き下げ、計約670億円を削減した。①生活保護基準額の水準と消費実態の乖離(かいり)の解消(ゆがみ調整)②物価動向を踏まえた減額(デフレ調整)―に基づいていた。デフレ調整では、厚労省が独自に算定した指数が初めて使われた。

原告側はデフレ調整について生活保護受給世帯の消費実態を考慮していないと主張し、特異な物価上昇があった20年を起点に下落率を算定した点も問題視。ゆがみ調整の算定方法も不合理だと訴えていた。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 2月6日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第19週あらすじ 悠人(横山裕)は音信不通、IWAKURAには報道陣が集まり…

  5. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎